カプコン ロストプラネット など ハリウッド 映画化

ゲームソフト会社大手の カプコン の ゲーム が、続々 ハリウッド 映画化 されています。

カプコンのソフトで ハリウッド 映画化 されるのは、新作「 ロストプラネット 」をはじめ「 クロックタワー 」「 鬼武者 」「 バイオハザード ディジェネレーション 」「 ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・Chun-Li 」

アメリカでは全てメジャースタジオが配給を担当し、日本では、「 ロストプラネット 」をワーナーブラザーズ、「 クロックタワー 」をセネターエンタテインメント、「 鬼武者 」「 ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・Chun-Li 」をギャガコミュニケーションズ、「 バイオハザード ディジェネレーション 」をソニーピクチャーズエンタイテイメントが担当する予定。

バイオハザードシリーズに関しては、ミラ・ジョヴォヴィッチがヒロインを務め、映画化されて大ヒットになったことは記憶に新しいところ。

昔、ファイナルファンタジーが全編CGの大作映画として話題になりましたが、これは失敗だったようで。

ゲームで大ヒットを飛ばしたソフトばかりですが、映画でもヒット作となるのかどうか注目です。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ