任天堂 マジコン 業者を 提訴

任天堂 をはじめとするソフトメーカー54社が、 マジコン 業者を 不正競争防止法 に基づき、 東京地方裁判所 に 提訴 したとのことです。

マジコン とは、昔は マジックコンピューター と呼ばれていた物で、テレビゲームのROMイメージを記録できる機器。

自分のセーブデータをバックアップするには問題ないものの、DSでは本来動かないはずのソフト・プログラムの起動が可能になったりするので、メーカーサイドとしては見過ごせないということでしょう。

スクエニやハドソン、光栄など、有名メーカーと任天堂が断固決断して立ち上がったようです。任天堂は、韓国のDS違法コピーに対して強い姿勢を打ち出したるするなど、違法ソフトに対して厳しい姿勢を打ち出していますね。

今回の訴えでは、「R4 Revolution for DS」など、DSのマジコンに対するもののようです。

不正にソフトを入手することは、当然やってはいけないことですが、こういった背景には、おもしろいゲームが減ってきているのかな?とも思ったりします。

本当に面白いゲームであれば、ちゃんとした対価を払ってやりたいと思うでしょうし、つまらないゲームが蔓延してしまうことで、お金を払うことが馬鹿馬鹿しくなってしまっているのかも?

もちろんそんなことは理由にもならないですし、単純にお金を払いたくないからという人も多いのかもしれませんが(汗)、いずれにしても、メーカーには、楽しめるゲームをより数多く発売してもらいたいですね。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ