大山のぶ代 アルカノイドDSの腕前

好評発売中のアルカノイドDSのイベントが、東京秋葉原のソフマップで催されました。ドラえもんの声でお馴染み、大山のぶ代さんはアルカノイドの大ファンで、その腕前はプロ級です。

アルカノイドDSは、タイトーから2007年12月6日に発売された、ブロック崩しをベースとしたバトルアクションゲーム。1986年にアーケードで初登場したゲームですが、ブロック崩しが趣味な人はまず間違いなく楽しめると思います。

飛んでくるボール(エナジーボール)を自機(バウス)で打ち返して、立ちはだかるブロックを消していくというシンプルなルール。時折落ちてくるアイテムでパワーアップしながら、クリアを目指します。

DSでは、4人までの対戦に対応していて、従来の面クリア型モードの「クリアゲーム」と、「クリアゲーム」でクリアしたステージに独自のクリア条件が付加される「クエストゲーム」などを搭載しています。

大山のぶ代さんのアルカノイドの腕前は、以前にテレビで観たことがありますが、とてつもなくうまいです(^^) もはやプロですね。動きに一切の無駄がないので、ボールのパターンとかを覚えているのかな?と思えるくらい。

脳を鍛えることにもつながりそうな、パズル系のゲームが趣味な人は、遊んでみるのもいいと思います。

その腕前に会場からため息も!タイトー「アルカノイドDS」イベントで大山のぶ代さんが華麗なプレイを披露

アルカノイドDSアルカノイドDS

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ