脳トレの川島教授、12億円を辞退

全世界で爆発的ヒットとなっている脳を鍛える大人のDSトレーニング。監修を務める川島隆太教授は、監修料約12億円を辞退していたそうです。

勤め先の東北大学の規定により、脳トレで発生した監修料(24億円)の半分(12億円)を受け取る権利があるものの、川島隆太教授は全額を研究室の開発費にまわしたそうです。

川島教授自体ゲームはあまりせず、「ゲームが悪いことだとは思わないが、ゲームの恐ろしい点はいくらでも時間を費やせてしまうこと。子供達がそれにより、家族との時間や勉強の時間をおろそかにしてしまうことが問題」と話しています。

確かにゲームは中毒のようにはまりやすいですから、気をつけないといけないですね。他にもいろいろと経験することで、ゲームもより一層楽しくなると思います。

それにしても、全額辞退というのはすごいですね(^^;) 自分だったら、やっぱりいくらかはもらってしまうと思います(^^;)

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ