PSP ソフトのダウンロード販売を開始

PSP(プレイステーションポータブル)のソフトが、PS Storeにてダウンロード販売されることが明らかになりました。

PSPのダウンロード販売が可能になるソフトは、以下の2本。

『勇者のくせになまいきだor2』 10月16日(木)発売予定
パッケージ版3,980円(税込)、ダウンロード版2,800円(税込)

『BLEACH~ソウル・カーニバル~』 10月23日(木)発売予定
パッケージ版4,980円(税込)、ダウンロード版3,800円(税込)

いずれも、ダウンロード専売ということではなくパッケージ販売との併売という形になるようです。ただ、ダウンロード版の方が安いのは魅力的ですね。

モンハン効果による好調によりPSP本体の累計販売台数が1000万台を突破、10月にはPSP-3000の発売と、上昇気流に乗っているところへ、新たにダウンロード販売という戦略にソニーは打って出ました。

ユーザーによっては、ソフトがプレイできればいいという人も大勢いると思うので、その分安くプレイできるダウンロード版は歓迎されそうです。

ただ、パッケージ版も基本的に10%くらいの割引はされるので、その辺で価格があまり変わらないようだと普及も難しいかもしれません。

とはいえ、今後品揃えが増えて、最終的には全商品ダウンロード販売が可能になるようだと、店頭では手に入りにくい商品をダウンロードで手に入れられたりして、ユーザーの選択肢が増えるのは大きいですね。

いずれにしても、今後のラインナップの拡充がポイントになるでしょう。

参考:
ソニーがPSP新作ソフトのダウンロード販売を実施へ

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ