犬といる ただそれだけで わんダフル!

数あるサイトの中から、当サイトにお越しいただきありがとうございます!

 

当サイトでは、地震や台風などの災害から愛犬を守るために、どのような対策を行えばいいか、避難に関してはどのような心構えをすればいいかなど、詳細をお伝えしています。

 

愛犬のため、そしてあなた自身のため、少しでも参考になれば幸いです。

 

 

走る犬

 

地震や台風などの災害が起こった時、はたして自宅から離れて避難すべきなのかどうか、迷ってしまうこともあると思います。

 

できることなら自宅から離れたくないのは誰もが一緒ですよね。
しかし、間違った判断をしてしまっては、命の危険にさらされてしまいます。

 

大切なのは正確な情報を知ること。
まずは、テレビ、ネット、ラジオなどで情報を収集していきましょう。

 

大きな災害が起きると、防災情報が5段階で発令されることがあります。

 

警戒レベルというのが1~5まであり、警戒レベル3で高齢者など避難に時間を要する人は避難を、警戒レベル4で全員が避難するということになっています。

 

もちろん、気象情報などを参考に、その前に自主的に避難してもいいでしょう。
何もなければそれに越したことはありません。
何かあってからでは遅いですからね。

 

とはいえ、避難所では環境が全く違いますので、体調を崩す恐れもあります。

 

警戒レベル4など、緊急で避難をしなければならないケースは除きますが、自宅でやり過ごす在宅避難ができるのであれば、それに越したことはありません。

 

非常食や水など、日頃から必要なものを用意しておき、在宅避難でも、避難所への避難でも、柔軟に対応できるよう準備を怠らないようにしたいですね。

 

 

避難場所と避難所の違い

 

避難場所と避難所、言葉は似ていますが、意味は少し違ってきます。

 

避難場所は、地震などの災害が発生した時、火災や津波などの二次災害から逃れるために一時的に避難する場所のことです。

 

高台や学校、公園などが指定されていることが多いです。

 

あくまで一時的に避難する場所なので、そこでずっと生活するわけではありません。

 

一方、避難所は、家が倒壊するなどの理由で帰宅が困難な人のために、一定期間生活することのできる場所です。

 

学校の体育館や公民館などがそれに該当します。

 

各自治体から防災マップが各家庭に配布されることも多いですが、避難所が記載されているのであらかじめ確認しておくといいですね。

 

避難することが決まったら

 

いざ避難することが決まったら、二次災害防止のため、家のブレーカーは落とし、ガスの元栓も閉めておきましょう。

 

携帯電話はつながらないことが想定されるため、家族と一緒に住んでいる場合は、安否情報を記したメモを残しておくと他の家族が家に戻った時、情報がわかるので安心です。

 

安否確認については、SNSを使ったり、災害用伝言ダイヤルを活用する方法もありますよね。
前もって、災害時の連絡方法を家族間で確認しておくと、何かあった時もスムーズに対応できるでしょう。

 

犬と同行避難する

 

犬と一緒に避難する際ですが、チワワやトイプードルといった小型犬であれば、キャリーに入れて持っていくことができます。

 

しかし、柴犬、ゴールデンレトリバーといった中型~大型犬についてはそうもいきません。

 

ワンちゃんにも一緒に歩いてついてきてもらう必要があります。

 

この場合、外はガラスの破片や木材の破片、コンクリートの塊が散乱していることも考えられます。
素足だと怪我をしてしまうので、犬用の靴を履かせることをおすすめします。

 

非常時は思いもよらない光景に、犬も混乱したりパニックになることも予想されます。

 

そんな時でもしっかりコントロールできるよう、太めのしっかりしたリードを使うようにしましょう。
フレキシブルリードは制御が難しくなるので避けるようにしてくださいね。

 

避難所での考え方、過ごし方

 

人はつい自分中心に物事を考えてしまいがちですが、避難所ではたくさんの被災者が避難生活を過ごしています。

 

当然、周りに迷惑をかけるような行為は許されるものではありません。

 

「私は犬と一緒だから少しばかり配慮してほしい」

 

といった考え方は通用しないわけですね。

 

動物が好きな人だけではなく、苦手な人、嫌いな人、アレルギーのある人、さまざまな人が避難所を訪れています。

 

動物が苦手な人にとっては、動物が身近にいることは苦痛以外の何物でもありません。
動物が好きな人にとっては想像もしないことかもしれませんが、このことは忘れないようにしたいものです。

 

犬の鳴き声、匂い、排泄、こういったことが、大勢の人が過ごすスペースではトラブルの元になります。

 

飼い主として、いつも以上に配慮することが求められるんですね。

 

避難所では犬と離れて過ごすことになる

 

避難所によって異なりますが、基本的に犬とは離れて過ごすことになります。

 

これは、前述のようなトラブルを未然に防ぐためです。

 

ただ、細かなルールは避難所によって異なるので、避難所のルールをよく確認し従うようにしましょう。

 

他にもペットと一緒に避難所を訪れている人は多いはず。
同じ飼い主同士、コミュニケーションを密にすることで、難局を乗り切っていきましょう。

 

大好きな犬と離れて暮らすことは寂しいものですが、それはワンちゃんも同様です。

 

見知らぬ場所、飼い主がそばにいない、周りに知らない犬がたくさんいる、そんな環境ではストレスを感じることも容易に想像できます。

 

大変ではありますが、いつも以上に犬の様子に変化がないかどうか、細心の注意を払って観察してあげてください。

 

ただ、体調を崩した場合でも、このような状況では動物病院に連れて行くこともままならないかもしれません。

 

予防接種はきちんとしておく、常備薬を用意しておくなど、普段からの対策もしっかり行っておきましょう。

避難をする子供と犬

 

自治体で用意された避難所に避難をした場合、短時間で自宅に帰ることができればいいのですが、避難が長期化することがあるかもしれません。

 

長期化すると、犬にもストレスが溜まったり、さまざまな問題が考えられますが、臭いの問題が出てくるかもしれませんね。

 

長期間の避難を強いられると、私たち人間もお風呂に入ることができず、体臭が気になってしまうことがあるでしょう。

 

避難所の環境にもよりますが、毎日シャワーを浴びるというのは難しい可能性が高いです。

 

ましてやペットであるワンちゃんには、シャンプーをしてあげるというのは容易ではありません。かなり困難なことになると思います。

 

そうなってくると、ワンちゃんの体臭が気になってくる可能性は考えられます。

 

避難所によって異なってきますが、基本的に飼い主とペットは一緒の場所で過ごすことはできません。

 

ペットはペットで一カ所に集まって保護される形になるケースがほとんどです。

 

そのため、避難生活を送っている人に直接の影響があるというわけではないのですが、それでも、多くのペットが一つの場所に集まっているわけですから、臭いの問題は出てくるかもしれませんね。

 

体臭以外にも、おしっこやうんち、トイレの臭いが気になるということもあるかもしれません。

 

緊急事態であるので仕方ないことではあるのですが、飼い主の立場からすると、周りに迷惑になっていないか気に病んでしまうこともあるのではないでしょうか。

 

そこで、愛犬の種々の臭いが気になった時に、チェックしてみたいのが以下のサイトです。

 

犬のおしっこの臭いを消す方法 ソファやカーペットを消臭するには?【避難所の臭い対策にもおすすめ】

 

ワンちゃんのおしっこ臭をケアするにはどうすればいいかを解説しています。

 

また、ペットを飼っているなら興味をそそられるに違いない消臭スプレーも紹介されているので、要チェックですよ。

寝そべる犬

 

大地震が起きた時、人間も怖い思いをしますが、一緒に過ごす犬はどうなのでしょうか?

 

「私の犬はいつも落ち着いてるから大丈夫だろう」
「ちゃんとコミュニケーションしてるし何とかなるだろう」

 

と考える飼い主さんは多いと思います。

 

はたして実際のところはどうなのでしょうか?

 

 

地震が起きたら犬はどうなる?

 

もちろん個体差はありますが、ひとたび大地震が起きてしまうと、犬はさまざまな行動を起こしてしまいます。

 

  • 暴れる
  • 吠える
  • パニックになる

 

といった状況になることは珍しくありません。

 

もう少し具体的にいうと、

 

  • 布団の中に潜り込んでぷるぷる震える
  • コマンドがきかなくなる
  • ショックとストレスでご飯を食べなくなる
  • 家を飛び出す
  • 夜になると鳴き始める

 

など、不安定な行動を取るようになります。

 

これらはある程度仕方ないと割り切るしかありません。

 

地震が起きた時、飼い主にとって大切なことは?

 

大切なのは、飼い主であるあなたが動揺しないこと

 

あなたの緊張や不安は、ダイレクトに犬にも伝わってしまうんですね。

 

飼い主としてリーダーシップを発揮する必要があります。

 

ですので、少なからず動揺してしまった時は、何度も深呼吸して気持ちを落ち着かせ、冷静に対処できるよう心がけていきましょう。

 

地震のような非常事態が起きた時、大切なワンちゃんが安全を確保できるよう、日頃からクレートトレーニングをしておくことは大切です。

 

訓練に慣れていれば、とっさの時でも、瞬時にクレートの中に避難することができますよね。
地震と思ったら、「ハウス!」とコマンドをかけることで、犬を安全地帯に逃がすことができます。

 

クレートトレーニングについては、以下の記事も参考にしてみてください。

 

犬のクレートトレーニングのやり方は? 万が一の避難に備えよう

 

もちろん、クレートの中に避難させるかどうかはケースバイケース。

 

クレートが遠い場合や、大きな揺れが始まって移動できないようなケースもあると思います。

 

その際は、机やテーブルの下など、安全な場所に犬と一緒に逃げ込みましょう。

 

とにもかくにも、慌てず冷静に対応することが大切です。
あなたがパニックになってしまうと、犬もつられてパニックを起こします。

 

外出時に被災した場合

 

出勤時など、外出中に被災した場合は、留守番をしている犬のことが気がかりですよね。
すぐに戻れればいいのですが、交通機関が止まっている場合はなかなか難しいかもしれません。

 

日頃から、クレートなど犬にとって安全な場所を確保しておいて、何かあった時はそこに逃げ込めるようにしておくことが大事になります。

 

可能であれば、家族や近所の人と話し合っておき、緊急時は犬の無事を確認できるような関係を作っておくのもいいと思います。

お座りする犬

 

犬と一緒に避難所で過ごすことになった場合、基本的に一緒のスペースで生活することはできません。

 

避難所では、さまざまな人が共に生活をするため、中には動物が苦手な人もいるでしょう。アレルギーのある人もいたりするので、犬は離れた別の場所で過ごすことになります。

 

実際にどのような運用になるのかは避難所によって異なるため、一概にはいえません。それぞれの避難所のルールに従うようにしましょう。

 

避難所で愛犬と一緒に過ごすことはできる?

 

も参考にしてみてください。

 

 

クレートトレーニングとは?

 

クレートトレーニングとは、ケージやクレートに慣れさせるためのトレーニングです。

 

クレートはケージよりも小さく、取っ手のついたもので持ち運びができます。

 

避難所に連れて行く場合は、クレートに入れてということになるでしょう。
避難所だけでなく、ペットホテルや病院でケージを利用することもあるので、慣れさせておくと助かることも多いと思います。

 

クレートトレーニングのやり方

 

トレーニングといっても難しいことをさせる必要はありません。

 

おやつでワンちゃんを誘って、クレートの中に入るよう誘導しましょう。
無事に入ってくれたら思い切り褒めてあげます。

 

トレーニングの際は「ハウス」の掛け声(コマンド)をして、クレートと「ハウス」を結びつけましょう。

 

何度か繰り返してみて、問題なさそうであれば、扉を締めて様子を見てみます。
表情や態度に特段の変化が見られなければOKでしょう。

 

さらに慣れていくと、「ハウス」の言葉だけでクレートの中に入ってくれるようになります。

 

さらにさらに、クレートの中で眠ってくれるようになれば、クレートが犬にとって居心地のいい場所ということになります。
ここまでくれば、飼い主としては一安心ですね。

 

もちろん、順調に行かないことも多いでしょう。

 

怖がりなワンちゃんの場合、なかなかクレートの中に入ってくれず手こずることもあると思います。

 

そんな時でも、あせらず、いらいらせず、辛抱強く、粘り強く、トレーニングを楽しみながら行っていきましょう。

 

犬は飼い主の精神状況に敏感に反応します。

 

飼い主がいらだちを覚えてしまうと、犬もそれを感じ取ってより一層怖がってしまいます。

 

あせりは禁物なので、根気強く行っていきましょう。

 

愛犬がかわいそうだと思ったら

 

なお、狭いクレートに閉じ込めるなんてかわいそうだと考える飼い主さんもいらっしゃると思います。

 

しかし、かわいそうだからといってトレーニングを怠ってしまうと、いざ避難をしなければならなくなった時に、困るのはワンちゃんなんですね(もちろん飼い主も困ることになります)。

 

他の犬はクレートの中で行儀よく過ごしているのに、あなたの犬はクレートの中に入らず、ワンワン吠えてばかり。
周りに迷惑をかけますし、ボランティアの人も困ったことになるでしょう。

 

こんな事態にならないよう、クレートトレーニングは必要なんですね。

 

愛するワンちゃんのため、楽しく訓練ができたらと思います。

マルチーズ

 

災害が起こり、指定の避難所に避難しなければならなくなった場合、避難所で愛犬と一緒に過ごすことはできるのでしょうか?

 

この記事では、その答えと、犬用の避難グッズなどについて情報をまとめました。

 

 

避難場所でペットと一緒に過ごせる?

 

結論からいうと、避難所では、基本的に飼い主とペットは一緒に生活することはできません。

 

ペットは人とは離れた場所で、ケージの中で過ごすことになります。

 

そのため、避難生活が始まるまでにケージの中にほとんど入ったことがないと、もしかするとケージの中に入るのを嫌がり、とてつもなく苦労することになる可能性があります。

 

何とか入ってくれても、飼い主がそばにいない不安、見慣れない環境からくる恐怖で、吠え続けることがあるかもしれません。

 

そんな事にならないよう、日頃からケージに慣れさせて、ケージは安心できる場所であることを愛犬に認識してもらうことが大切なんですね。

 

また、避難所では不規則な生活になるので、食事も決まった時間に食べられるとは限りません。
これはワンちゃんも同様です。

 

いつも決まった時間に食事を与えてしまうと、犬もそれに慣れてしまい、時間が来ると食事を待つようになってしまいます。

 

こうなると、避難生活が始まった際に、いつもの時間に食事を与えられなくなるので、愛犬が戸惑うことが予想されます。

 

したがって、日頃から食事の時間は一定にせず、少しずらして与えてあげることをおすすめします。

 

犬の避難グッズ

 

愛犬のための避難グッズは、何を用意すればいいでしょうか?

 

以下に代表的なものをまとめてみました。

 

  • ドッグフード
  • 食器
  • リード、ハーネス、首輪
  • ポータブルケージ、キャリー
  • ブラシ
  • 犬の健康手帳
  • 犬の写真
  • 常備薬(あれば)
  • 毛布、ブランケット
  • バスタオル
  • ペットシーツ
  • スコップ
  • うんち用処理袋
  • 靴、靴下
  • 歯ブラシ
  • ペット用消臭スプレー

 

ドッグフード、水、ペットシーツについては、1週間分は用意しておきたいところです。

 

もちろん、災害の規模によっては避難が長引く可能性もありますので、それ以上用意しておいても損はないでしょう。

 

マイクロチップをつけておくといざという時安心

 

愛犬にマイクロチップをつけておくと、いざという時でも安心です。

 

マイクロチップは、犬の身分証明書のようなもの。

 

15桁の数字が記録された電子タグを犬の皮下(首の後ろが多い)に埋め込んでおくことで、離れ離れになっても、専用リーダーでタグを読み込めば、飼い主や犬の情報がわかるシステムになっています。

 

タグの大きさは、12mm×2mmほど。

 

愛犬にタグを埋め込むというのは抵抗があるかもしれませんが、迷子になった時、犬が被災して逃げ出してしまった時のことを考えると、安心感は大きいです。

 

実は、このマイクロチップ、日本でも義務化がされました。
前向きに検討したいですね。

 

まとめ

 

犬が被災して飼い主と離れ離れになってしまうと、シェルターにひとまとめに隔離され、慣れない環境でストレスを抱えながら生活をしなければならないという事態もありえます。

 

実際に東日本大震災が発生した時は、数え切れないほどの犬がシェルターの中で過ごしていたそうです。
犬はストレスや不安で吠え続けていたようですね。
現場も未曾有の大災害で混乱し、対処が難しかったようです。

 

家族同然の愛犬をそのような目にあわせないよう、飼い主として何ができるのか、日頃から考えておくことが大切なのかもしれません。

 

当サイトの情報が少しでも参考になれば幸いです。