犬と一緒に避難場所に行くべきか迷ったら

走る犬

 

地震や台風などの災害が起こった時、はたして自宅から離れて避難すべきなのかどうか、迷ってしまうこともあると思います。

 

できることなら自宅から離れたくないのは誰もが一緒ですよね。
しかし、間違った判断をしてしまっては、命の危険にさらされてしまいます。

 

大切なのは正確な情報を知ること。
まずは、テレビ、ネット、ラジオなどで情報を収集していきましょう。

 

大きな災害が起きると、防災情報が5段階で発令されることがあります。

 

警戒レベルというのが1~5まであり、警戒レベル3で高齢者など避難に時間を要する人は避難を、警戒レベル4で全員が避難するということになっています。

 

もちろん、気象情報などを参考に、その前に自主的に避難してもいいでしょう。
何もなければそれに越したことはありません。
何かあってからでは遅いですからね。

 

とはいえ、避難所では環境が全く違いますので、体調を崩す恐れもあります。

 

警戒レベル4など、緊急で避難をしなければならないケースは除きますが、自宅でやり過ごす在宅避難ができるのであれば、それに越したことはありません。

 

非常食や水など、日頃から必要なものを用意しておき、在宅避難でも、避難所への避難でも、柔軟に対応できるよう準備を怠らないようにしたいですね。

 

 

避難場所と避難所の違い

 

避難場所と避難所、言葉は似ていますが、意味は少し違ってきます。

 

避難場所は、地震などの災害が発生した時、火災や津波などの二次災害から逃れるために一時的に避難する場所のことです。

 

高台や学校、公園などが指定されていることが多いです。

 

あくまで一時的に避難する場所なので、そこでずっと生活するわけではありません。

 

一方、避難所は、家が倒壊するなどの理由で帰宅が困難な人のために、一定期間生活することのできる場所です。

 

学校の体育館や公民館などがそれに該当します。

 

各自治体から防災マップが各家庭に配布されることも多いですが、避難所が記載されているのであらかじめ確認しておくといいですね。

 

避難することが決まったら

 

いざ避難することが決まったら、二次災害防止のため、家のブレーカーは落とし、ガスの元栓も閉めておきましょう。

 

携帯電話はつながらないことが想定されるため、家族と一緒に住んでいる場合は、安否情報を記したメモを残しておくと他の家族が家に戻った時、情報がわかるので安心です。

 

安否確認については、SNSを使ったり、災害用伝言ダイヤルを活用する方法もありますよね。
前もって、災害時の連絡方法を家族間で確認しておくと、何かあった時もスムーズに対応できるでしょう。

 

犬と同行避難する

 

犬と一緒に避難する際ですが、チワワやトイプードルといった小型犬であれば、キャリーに入れて持っていくことができます。

 

しかし、柴犬、ゴールデンレトリバーといった中型~大型犬についてはそうもいきません。

 

ワンちゃんにも一緒に歩いてついてきてもらう必要があります。

 

この場合、外はガラスの破片や木材の破片、コンクリートの塊が散乱していることも考えられます。
素足だと怪我をしてしまうので、犬用の靴を履かせることをおすすめします。

 

非常時は思いもよらない光景に、犬も混乱したりパニックになることも予想されます。

 

そんな時でもしっかりコントロールできるよう、太めのしっかりしたリードを使うようにしましょう。
フレキシブルリードは制御が難しくなるので避けるようにしてくださいね。

 

避難所での考え方、過ごし方

 

人はつい自分中心に物事を考えてしまいがちですが、避難所ではたくさんの被災者が避難生活を過ごしています。

 

当然、周りに迷惑をかけるような行為は許されるものではありません。

 

「私は犬と一緒だから少しばかり配慮してほしい」

 

といった考え方は通用しないわけですね。

 

動物が好きな人だけではなく、苦手な人、嫌いな人、アレルギーのある人、さまざまな人が避難所を訪れています。

 

動物が苦手な人にとっては、動物が身近にいることは苦痛以外の何物でもありません。
動物が好きな人にとっては想像もしないことかもしれませんが、このことは忘れないようにしたいものです。

 

犬の鳴き声、匂い、排泄、こういったことが、大勢の人が過ごすスペースではトラブルの元になります。

 

飼い主として、いつも以上に配慮することが求められるんですね。

 

避難所では犬と離れて過ごすことになる

 

避難所によって異なりますが、基本的に犬とは離れて過ごすことになります。

 

これは、前述のようなトラブルを未然に防ぐためです。

 

ただ、細かなルールは避難所によって異なるので、避難所のルールをよく確認し従うようにしましょう。

 

他にもペットと一緒に避難所を訪れている人は多いはず。
同じ飼い主同士、コミュニケーションを密にすることで、難局を乗り切っていきましょう。

 

大好きな犬と離れて暮らすことは寂しいものですが、それはワンちゃんも同様です。

 

見知らぬ場所、飼い主がそばにいない、周りに知らない犬がたくさんいる、そんな環境ではストレスを感じることも容易に想像できます。

 

大変ではありますが、いつも以上に犬の様子に変化がないかどうか、細心の注意を払って観察してあげてください。

 

ただ、体調を崩した場合でも、このような状況では動物病院に連れて行くこともままならないかもしれません。

 

予防接種はきちんとしておく、常備薬を用意しておくなど、普段からの対策もしっかり行っておきましょう。